チョークアート

チョークアートとは・・・

  

チョークアートとは、専用のブラックボードにカラフルで立体感のあるイラスト、文字を描くアート看板です
オイルパステルというクレヨンに似た画材を使って、指で色を混ぜて描いていきます。何色もの色を組み合わせた、鮮やかなグラデーションが特徴で見る人を惹きつけます。

チョークアートは100%ハンドメイドなので、描いた人の個性が作品に強く現れ、特徴となります。
また完成後は表面をスプレーで加工しますので、触っても雨にぬれても描いたイラストは消えません。

宣伝であるイラストや文字はそのままで空いた部分は黒板として書き込みが自由にできるため日々の情報発信も可能です。

  

チョークアートの魅力・・・

  

チョークアートの魅力は手描きということです。

黒い背景にカラフルなイラストを描くチョークアートは、デジタルなものが氾濫する中で心惹かれるものがあります。

黒板を使うことで、懐かしい感じと新しさの両方を兼ね備えたチョークアートは注目度も高くコミュニケーションツールとして活躍します。

 

チョークアートは主にお店の看板や、メニューボードとして使用されています。発祥がイギリスのパブと言われているためか現在でも飲食店で使用されていることが多いです。

たった1枚チョークアートを置くだけでも店内の雰囲気が変わるためリニューアル効果も高いのが魅力です。

 

自由に書き込めるスペースを取ることで毎日変わるメニューやお知らせを書き換えることもできます。

 

またそれ以外では、ウエディングウェルカムボードや出産のお祝い、インテリアボードとしてペットをイラストモチーフに選んで室内に飾られる方も増えています。

 

 

 

 

チョークアートの歴史・・・

 

チョークアートはイギリスのパブが発祥だといわれています。

イギリスのチョークアートは文字を主体にしたものが多く見られます。

 

その後、オーストラリアに渡ったチョークアートはオーストラリアの看板職人によって今のような立体的で色鮮やかなイラストのチョークアートへと変化しました。

 

日本にチョークアートが伝わったのは2001年頃です。 

 

 

 

 

チョークアートシーズの特徴・・・

 

チョークアートシーズの特徴は本来のポップでカラフルなチョークアートから「和」をイメージしたモダンなチョークアートまで幅広く表現できるところです。幅広い年齢層の方にご好評いただいております。

 

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

 

 

★お問い合わせはこちらから

 

                    トップへもどる ホームへもどる

 

 

MENU

 

 

ホーム

 

 

 

問い合わせ

 

 

ブログ

  

 

レッスン

 

 

 

リンク